50

■有名歌手、声優、舞台俳優・女優など芸能人御用達の漢方薬が製造中止に!?
先日しょこたんこと中川翔子さんのツイートを拾ったニュースが、一部マニアックな界隈で話題になったようだ。

しょこたんの悲痛な叫び

 
スガシカオさんも製造中止の報に困惑。

以下、困っている方々の声。
 「響声破笛丸」のユーザーは中川だけではない。製造中止に対して、歌手・スガシカオは「まぢか?多大に困る!」(2013年11月13日)、女優で声優の新谷真弓は「なんで響声破笛丸って発売中止しちゃったんだろ」(2014年4月28日)、ロックバンド・Base Ball Bearの小出祐介は「どうりで売ってないと思った。マジかよ」(2014年3月3日)、声優・高橋美佳子は「もしお近くのドラッグストアにあったら私に教えてくださいー!」(2014年5月7日)とコメントしており、「響声破笛丸」は声優・ボーカル界を中心に非常に愛されていたらしい。

声優・ボーカル界に激震……? 薬の生産中止に嘆く芸能人が続々 RBBTODAY 2014/06/18


■喉の名薬:響声破笛丸料(きょうせいはてきがんりょう)とは…
にわかに脚光を浴びた漢方薬の正体は「響声破笛丸料」といって、16世紀後半にまとめられた「万病回春」という中国医学書の古典に収載されており、長期間にわたる声帯の酷使や無理な発声などによる声がれ、失声に効くばかりでなく、すぐに声の枯れる傾向にある人にも喜ばれている。つまり喉が炎症を起こしている際の名薬だ。

当方が働く薬局では近隣に芸能関係の方々が多くお住まいであったり、劇団四季の養成所もあるためか舞台俳優や女優、歌手の方々から「お守り」として響声破笛丸料をよく求められるが、やはり業界内での好評が口コミで伝わるそうで、ほぼ全員が処方名を指定され、しかもリピート購入される。まさに知る人ぞ知る漢方薬である。

ところで先のリンク先記事には肝腎の製造中止の理由が無い。また製造元であるエスエス製薬からの公式なコメントも発表されていないのだが、私が関係筋に尋ねたところ特に事故やトラブルがあったわけではなく、単に採算性などの問題によって生産中止を決めたものらしいので、副作用など処方内容に対する不安は一切無用である。

■響声破笛丸料の存亡を危惧する愛用者へ朗報
さて、ここで是非お伝えしておきたいことは、この響声破笛丸料がエスエス製薬の専売ではないということだ。すなわち、以後この素晴らしい漢方薬が入手出来なくなるという心配はない。他に変更の利かない特殊な漢方薬ならば別だが、以前から漢方薬の老舗である松浦薬業株式会社やツムラ、その他多数メーカーが製造販売しているし、このたび北日本製薬株式会社も取り扱いを開始したとの報arrow001_basicもあるので、あるメーカーが数多ある製品のうちの一品目を製造中止にしたからといって何も取りたてて騒ぐ必要はないのだ。

声がれ・咳などの呼吸器症状や、漢方薬に関しては下記も参考にされたい。
■長引く咳に注意。発熱や全身のだるさはありませんか? | 横浜漢方サント薬局のブログ
http://045310.com/blog/prolonged_cough/
■漢方薬の名称から、その正しい飲み方を知る方法 | 横浜漢方サント薬局のブログ
http://045310.com/blog/name_nomikata/
■【見直される食の機能性】6大栄養素と非栄養素、それぞれのはたらき 山浦卓
http://sharescafe.net/34564873-20131104.html
■その選択で大丈夫?薬のプロが教える、後悔しないサプリメントの選び方。 山浦卓
http://sharescafe.net/35215655-20131128.html
■医薬品ネット販売の賛否は一旦さておき、現場ではたらく薬剤師が考える他愛もないけど重要な事。 山浦卓
http://sharescafe.net/34951271-20131119.html

響声破笛丸料は守備範囲(合う人のタイプ)が広くて老若男女を問わず、また体力の有る無しにも関わらずに用いることが出来るので、ふだんから喉を酷使している方やしわがれ声、ノドの弱いタイプ、咽喉に不快感を感じる方は、お近くの漢方専門薬局へ相談してみてはいかがだろうか。万が一、響声破笛丸料で治しきれない場合でも漢方薬の専門家ならばその次の一手を教えてくれる。

山浦卓 漢方サント薬局 薬剤師 医学博士


この執筆者の記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加



関連コンテンツ

シェアーズカフェからのお知らせ
シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、個人のお金に関するレッスン・相談・アドバイスを提供しています。SCOL編集長でFPの中嶋が直接指導します。
シェアーズカフェ・オンライン編集長の中嶋が士業・企業・専門家向けの執筆指導・ウェブコンサルティングを提供します。

執筆者プロフィール