fukugyou


社会人も数年経ち、すっかり仕事に慣れてくると、時には「私がやりたかったのってこの仕事だっけ?」という疑問が頭をよぎる瞬間も。今の仕事が嫌いなわけではないけど、「好きなことは他にあるよな~」なんて、何となく物足りなさを感じることもあるのでは?

そんな人にオススメなのが、自分の好きなことをベースに副業を始めるという方法。『好き↔︎お金 ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法』の著者である朝倉真弓さんに、自分の好きなことを副業にするメリットを教えてもらった。

■「好きなこと」をコンテンツとして発信!
楽しみながらやりがいや人脈も得られる


朝倉さんが働く女子にオススメする副業は「ネットを使い、趣味や特技など自分の“好きなこと”をコンテンツとして世の中に発信すること」で収入を得ようというもの。

「ブログやウェブサイトを開設し、自分の好きなことをベースにコンテンツを作ったら、ブログを毎日更新するのはもちろん、SNSでそれを発信したり、コメントにこまめに返信するなどしてサイト閲覧者、つまりはファンを増やします。それから、アフィリエイト広告やオンラインストアなどで収入を得られる仕組みを作るという方法です」
最大のメリットは「好きなこと」を発信するため、楽しみながらできること。「本業で好きな仕事ができていない……と思っている人なら、やりたいことをすることがストレス解消や、人生のやりがいにつながる」と朝倉さん。他にも、お金に関する理解が深まるという利点も。

「会社に所属しているとあまり意識することがないですが、副業は全てのことを自分一人で行うので、収入を得るまでのお金の流れや税金の仕組みがよく分かります。ビジネス上でのお金の動きが分かることは副業に限らず、仕事をする上でプラスになりますし、収入を得ることの大変さやお金のありがたみが実感できるので、本業の仕事に対しても張りが出ると思います」

さらにはネットの世界を飛び出して、現実の世界での仕事に発展する可能性もあるという。
「ファンが増えればオフ会を開催したり、ブログ内容によってはコンサルティング業務やセミナー講師、書籍出版など、リアルの場で収入が得られる可能性もあります。これまで出会えなかった人たちと知り合え、人脈も広がりますよ」

■副業のネタは誰にでもある
ただし事前に副業規定は必ず確認を!


とはいえ、副業にできるほど好きなことや、やりたいことはなかなかないもの。ところが「ネットで発信できる“ネタ”は誰でも持っている」と朝倉さんは話す。

「例えばランニングを始めたばかりの初心者という場合、日々のトレーニングの様子や、大会出場記録、初心者ならでの悩みとその解決方法など、同じレベルの人たちが共感できることがネタになります。ランチは外でさくっと食べることが多いなら、一人でも行きやすいお店の紹介でも◎。自分の興味・関心のあることや、習慣などを書き出してみると、コンテンツとして発信できそうなネタが見つかりますよ」

副業というと、特別なスキルや経験がないとできないイメージが強いが、この方法であれば誰でもできる。ただし、副業を始める上で注意すべき点も。

「必ずチェックしておきたいのは副業規定です。今働いている会社が副業を禁止していないかを確認するのは必須。副業に対して罰則がある会社もあります。就業規則に表記してある場合が多いので、見ておきましょう。また、仮に副業がOKだとしても『いつか退職するのでは?』など、ウワサが一人歩きしてしまう可能性も。副業をしていることはあまり周囲に言わない方が無難です」

また、最近では「ネットを使って簡単に稼げる!」といった、さまざまな副業がWebで紹介されているが、「何の苦労もなく何十万円も稼げるなんてありえない」と朝倉さん。

「好きなことをブログで発信するのだって、毎日更新しようと思えば、ネタを探すための情報収集や勉強は必須。ラクして稼ぐのではなく、楽しみながら収入を得ると考えてくださいね」 

一見ハードルが高いと思われた副業も、好きなことをネットで発信するスタイルなら、気軽に始められそう。早速自分の趣味や特技、好きなことから、コンテンツになりそうなテーマを見つけることから始めてみては?

【お話を伺った方】
朝倉真弓さん
フリーランスライター/ビジネス書作家。経営・金融・就職・転職・起業などをテーマにビジネス誌や一般誌、Webサイトで取材および執筆を手掛ける。また、実用書やビジネス書など、書籍の企画や執筆も数多く経験。これまで取材した人数は、さまざまな年代のビジネスパーソン2000人以上。新書『好き⇔お金 ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法』(KADOKAWA 中経出版)が発売中

取材・文/岩井愛佳

>>元の記事をWoman typeで読む

【関連記事】
「収入が170万円減っても今の方が充実している」 ――フリーランスを目指す“独立準備中女子”の生活
「え、何で!?」思わずびっくりした新入社員のあり得ない行動
普通の会社員の方が向いている? 「女性の起業」の実態を大調査!
「私には関係ない」は間違い! 残業代ゼロ制度導入で女性の働き方はどう変わる?

Woman type [ ウーマンタイプ ]


この執筆者の記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加



関連コンテンツ

シェアーズカフェからのお知らせ
シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、個人のお金に関するレッスン・相談・アドバイスを提供しています。SCOL編集長でFPの中嶋が直接指導します。
シェアーズカフェ・オンライン編集長の中嶋が士業・企業・専門家向けの執筆指導・ウェブコンサルティングを提供します。

執筆者プロフィール