15041001_1

みんなが知りたいお金の話、知っておくべきお金の話。岩瀬大輔が「お金のプロフェッショナル」の方々に、直接インタビューしてまいります。今回は公認会計士であり作家の山田真哉さんにお話を伺いました。会計の専門家から現代の貨幣社会はどのように見えているのでしょうか?

■税理士業界も楽じゃない? 人気会計士が選んだ生き残りの秘策
岩瀬:山田さんの最新刊『結婚指輪は経費ですか?』はタイトルからして面白そうですね。

山田:経費モノは興味をもたれやすいんです。今回はミステリー小説を書いてみました。

岩瀬:作家として、公認会計士として、とても幅広く活躍されていますが、今、割合としてはどの仕事が一番多いんですか?

山田:7割くらいは税理士業務です。4年前に芸能文化会計財団というのを立ち上げて、作家さんや俳優さん、スポーツ選手などを対象に税務相談の仕事をしています。

岩瀬:顧客対象を特化するのはなぜですか?

山田:税理士には定年がありません。上の世代の方がまだまだ現役なので、後から参入してきた人たちはどこかで差別化をしないといけません。それが従来はある税に特化するというやり方でした。たとえば法人税が得意なら法人税、相続税が得意なら相続税を専門にしていたのですが、複数の税金をまたがって相談したい方もいるので、実はお客さま側から見てあまり差別化されているようには見えないんじゃないかと思ったんです。税の種別より、業種別に特化しているように見せたほうが、わかりやすいんじゃないかと。

岩瀬:それで芸能関係の方に絞ってみようと思ったんですね。

山田:自分も作家活動をしていたので、そこが一番得意だと思いました。業種に特化していると、共通に発生する税金やその業界特有の社会保険などに詳しくなれるので、きめ細やかにアドバイスすることができます。

岩瀬:確定申告だけでなく、経営コンサルティング的なことまでできそうですね。

山田:そうですね。例えば漫画家さんからは、アシスタントさんの社会保険をどうすればいいかとか、アシスタントが辞めてしまったけれどどうしてだろうとか、何でも聞かれますよ。

岩瀬:最近はドラマの監修もされているとか。

山田:『美女と男子』(NHK、4月14日スタート)や池井戸潤さん原作の『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ、4月13日スタート)の監修をしています。その中で粉飾決算についてCGで説明するシーンがあるのですが、視聴者に一発でわかってもらうための図解を考える仕事をしています。他には在庫の棚卸のシーンの指導。テレビ局の方は棚卸することがありませんから、手順から教えるようなこともしています。

岩瀬:会計について世の中の人にわかりやすく説明するということに関しては、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』から一貫してるんですね。

山田:翻訳者みたいなものです。僕より専門的知識を持つ詳しい人はたくさんいますが、僕はどちらかというとわかりやすく説明するのが得意なんです。


■ふるさと納税の狙い目自治体はどこ?
岩瀬:今年の確定申告で何か例年と変わったことはありましたか?

山田:ふるさと納税をする人がとても多かったですね。ふるさと納税というのは、全国どこかの自治体に寄付をすることで、自分の住んでいる自治体に納める住民税などが控除される制度です。実質的には自分で納税場所を選べることになり、生まれ故郷やお世話になった土地に納税することができます。寄付をした自治体からは特産物などの返礼品が送られてくるのですが、このラインナップが年々充実していて、「何がもらえるか」を基準に納税先を決める人も多いですよ。

岩瀬:山田さんが注目している自治体はあります?

山田:最近はカタログから好きなものを選べる返礼品も増えていますが、その先駆けともいえる島根県米子市は100種類以上の中から選べるようになっていて、結婚式の引き出物なんじゃないかっていうくらいに充実していますよ。

岩瀬:TポイントやDMMマネーなどがもらえるというのも話題になりましたよね。換金性や流動性の高いものが返礼品になると、ふるさと納税の最初の趣旨からも少しずれてきそうですけど、どうなんでしょう。

山田:総務省もそういった競争の過熱に歯止めをかけたいので、換金性の高いプリペイドカードや返礼割合の高いものを贈らないようにという自粛要請を、4月1日付で各自治体に通達しました。

岩瀬:ふるさと納税は地域経済の活性化につながっていると思いますか?

山田:贈り物の原価、送料、広告宣伝費なども掛かりますし、寄付の入金を受けてからの会計処理の手間などを考えると、自治体の収支としてはトントンだと聞いています。でも自治体が地元の企業から返礼品を買っているので、地元への経済効果は確実にあるようですね。

岩瀬:確定申告の時期は終わりましたが、来年に向けて忘れがちなポイントがあれば教えてください。

山田:医療費控除ですね。医療費というと、同居している家族のことだけを考えがちですが、実家の親御さんに医療費を送金している人もいると思います。医療費控除は扶養家族である必要はないんです。

岩瀬:それを証明するような書類は必要ですか?

山田:状況証拠だけで十分です。でも現金よりは振込みのほうがいいですね。記録が残るので。あと財布を落とした時に、雑損控除というものが使えるということを知らない人も結構います。これは警察の証明書が必要ですので、財布を落としたことに気づいたら、すぐ近くの交番に行ってもらってください。


■社会人1年目に林修さんに出会って挫折――ニートから人気作家への道
15041001_2

岩瀬:ところで山田さんはどういった経緯で会計士になったんでしょうか? 文学部史学科から会計士という人は珍しくないですか?

山田:優秀な学生は院に進んで、それ以外は先生か図書館司書になる人が多かったです。僕も歴史好きで史学科に入ったのですが、その中で勝ち残れるほどではなかった。どうしようかと考えた時に、予備校の講師なら生きていけいるんじゃないか、と。学生時代、兵庫の予備校で現代文と古文漢文のアルバイト講師をしていて、「自分は教えるのが得意だ」という自負があったんです。それで上京して東進ハイスクールに正社員として入社したのですが、そこにいたのがあの林修さんでした。

岩瀬:すごいつながりですね。林さんは当時から人気講師だったんですか?

山田:ええ。とても敵わないと思って数か月で辞めました。地元に戻ってニートをして、就職にも抵抗があったのでお茶を濁すために専門学校に行きました。何の科目を受けるかは決めておらず、学校の方に相談したところ渡されたのが公認会計士の受講案内だったというわけです。

岩瀬:適性が見抜かれたということですか?
15041001_3

山田:いえ、単に受講料が一番高いのが公認会計士だったんです(笑)。でも必死にがんばって会計士に合格して、監査法人で働くようになりました。

岩瀬:最初に本を書かれたのはいつごろ?

山田:会計士2年目の時です。もともと学生時代に小説を書いていたんですが、会計士の勉強中に、会計のことがわかる小説やドラマがないな、と思っていたんです。そこで会計士のことを小説にしたら受験生にも役立つんじゃないかと思って『女子大生会計士の事件簿』を書きました。でも持ち込んだ出版社には全部断られて、結局自費出版で出しました。予備校に置かせてもらったり、手売りをしたり。でもそれが6万部売れて、今度は出版社から声が掛かるようになりました。

岩瀬:最初から華々しいスタートを切っていたのかと思いきや、波乱万丈ですね。その後は作家として会計士としてご活躍されますが、2010年には育休宣言をされています。

山田:ちょうどその頃、育休宣言が流行っていたので自分も宣言してみたんです。週2回は働くということにして。でも収入は激減しましたね。収入から経費を引いた所得が、2年くらいゼロになりました。サラリーマンだと育児休業給付金などがありますが、フリーランスの私には出ない。サラリーマンって恵まれているな、と思いました。

岩瀬:育児ではどんなことに苦労しましたか?

山田:何をしても僕は妻に怒られる側なので、ストレスが溜まりました。「ここは触っちゃダメ」とか「手洗って」とか。ただ主婦の方と育児の話ができるようになったのは大きいですね。育児体験そのものには価値があると思いました。それと自分の生活費は切り詰められても、子供に掛かるお金はなかなか削れないということを思い知りました。オムツも食べ物も買わないわけにはいかない。

岩瀬:そういう経験があると、今後お金を語る時に温もりが出てきそうですね(笑)。若い方からキャリアについて相談を受けることもあると思いますが、どんなアドバイスをしていますか。

山田:どの仕事でもやるべきことはとても単純だと思います。長所を伸ばして、短所を消す。僕はとりあえず何とか文章を書ける。でも英語は全くダメ。苦手な英語を消すにはどうすればいいかというと、英語力が全く問われない資格を持てばいいと考えました。会計士の仕事も英語が必要なことはありますけど、他の仕事に比べれば少なくて済むので。

岩瀬:若手会計士の中には、「監査ばかりでつまらない」とこぼす方が多いそうですが、何か仕事を楽しむコツみたいなものはありますか?

山田:会計士という肩書きは、世間的には格好良く見られます。でも実際の仕事はそんなに華やかではないので、会計士であることだけを前提としていると必ず行き詰まってしまう。だから僕は、「会計士でなかったら自分は何をするのか」ということを考えています。別の何かをやっておいて、「実は会計士」というおまけ程度に肩書きがあればいいんじゃないかと。資格とかキャリアは何でもそうですが、強みであると同時に弱みであると思います。そこにとらわれてしまうと何もできない。だから一度白紙に戻して考えることが大事で、そうすることで自分の長所というものが自然に浮かび上がってくるのだと思います。


<プロフィール>
山田真哉(やまだ・しんや)
公認会計士・税理士・一般財団法人 芸能文化会計財団理事長。 1976年神戸市生まれ、大阪大学文学部卒業後、東進ハイスクール、中央青山監査法人/プライスウォーターハウス・クーパースを経て、独立。2011年より現職。 小説『女子大生会計士の事件簿』(角川文庫他)はシリーズ100万部、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(光文社)は160万部を突破するベストセラーとなる。最新刊は『結婚指輪は経費ですか? 東京芸能会計事務所』(角川文庫)。大企業から中小企業まで数多くの企業の会計監査や最高財務責任者、税務顧問、社外取締役として務めた経験から、現在も約40社の顧問として社長の参謀役になっている。

【参考記事】
■新人に教えたいビジネスメール3つの基本 | ライフネットジャーナル オンライン
http://media.lifenet-seimei.co.jp/2015/04/07/2976/
■いつもより30分早く帰宅する!ビジネスメール術5選 | ライフネットジャーナル オンライン
http://media.lifenet-seimei.co.jp/2015/04/14/2966/
■メンタルの救世主になりたい?!キャリアカウンセラーが教える「カウンセラーに転身する方法」(後藤和也 産業カウンセラー/キャリアコンサルタント)
http://sharescafe.net/44287134-20150415.html
■新人配属の季節。この機会に先輩社員も○○をリニューアルしよう (小紫恵美子 中小企業診断士)
http://sharescafe.net/44247703-20150413.html
■グーグルはなぜ新入社員に1800万円の給料を払うのか? (中嶋よしふみ SCOL編集長)
http://sharescafe.net/44175529-20150408.html

ライフネットジャーナル オンライン

この執筆者の記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加



関連コンテンツ

シェアーズカフェからのお知らせ
シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、個人のお金に関するレッスン・相談・アドバイスを提供しています。SCOL編集長でFPの中嶋が直接指導します。
シェアーズカフェ・オンライン編集長の中嶋が士業・企業・専門家向けの執筆指導・ウェブコンサルティングを提供します。

執筆者プロフィール