15041701_1

会計士にとって「お金」とは何なのか――。会計士ならではの考え方を知ると、「カネで何でも買える」という言葉に対するイメージも変わるかもしれません。対談後編では、苦手意識を払拭する会計勉強法や、意外に深い会計と社会の関係についてなど伺いました。
前編はこちら


■経済指標は簿記のパロディー?
岩瀬:会計士でない人が会計のことを知っていると、日常生活でどんなメリットがありますか?

山田:メリットより、会計のことを知らないことのデメリットが大きいと思います。会計のことを知らないというのは、資本主義が何たるかを知らないに等しいからです。多くの人は、資本主義があって、その中に会計の簿記があると考えています。でも実はその逆で、資本主義というのは、簿記の延長線上にあるものです。マルクスが『資本論』を書く前に何を勉強していたのかというと、簿記なんですね。エンゲルスから一生懸命、簿記のことを聞いていた。

岩瀬:複式簿記から資本主義が生まれたという考え方なんですね。

山田:そうですね。経済学で使われる「所得=消費+投資」の式も、複式簿記の「資産=負債+資本」のパロディーなんです。簿記学が生まれて、会計学が生まれて、経済学が生まれた。それなのに、経済学に出てくる指標のほうがさも偉いように語られている。

岩瀬:会計学から経済学を眺めると、見え方がまるで異なるんですね。

山田:堀江貴文さんが「世の中カネで何でも買える」と言ってバッシングされましたけど、会計の勉強をしている人間はこの時に世界史を思い浮かべます。なぜかというと、複式簿記が発明されたルネサンス初期の建築家アルベルティがそれと同じことを言っているからです。ルネサンス以前というのは、貨幣はあってもまだ物々交換が主流の時代でした。貨幣経済が本格的に始まったのは、複式簿記の発明以後です。

岩瀬:つまり物々交換の世界では、キャッシュフローだけわかっていればよかった。でもそれではお金の貸し借りなどはできない。時空を超えたお金の貸し借りを可能にしたのがバランスシートで、貨幣経済が膨張する土台になっていたということですか?

山田:そうですね。帳簿にお金を記載するという技術が複式簿記の一番凄いところだといえます。


■会計の勉強がさっぱりわからない人へ
岩瀬:新年度ということで、会計をこれから勉強をしてみようと思う方にアドバイスをお願いします。実は僕も昔、チャレンジしたことがあったんですが、なかなか頭に入ってこなかったんです。帳簿で在庫の科目を見てもピンと来ない。言葉の意味はわかるけど、実体として見えてこないんですね。工場に行ってみて初めて理解できるんですが、全部の科目がそんな感じにイメージしづらくてさっぱりわかりませんでした。

山田:おっしゃるとおりだと思います。簿記は実感がないのでみんな苦労しています。実際に商売をするのが一番の勉強になると思います。すぐに始められることとしては、地図を見ることをおすすめします。

岩瀬:地図と会計にどんな関係があるんですか?

山田:まず世界地図を広げてみます。すると、国の位置関係がわかりますよね。最近は海外の経済ニュースが増えていますけど、その国がどの位置にあるか、どんな国に囲まれているか、意外と知らない人が多いと思います。「日本からこれだけ離れたところでこんな問題があるのか」といったように関連性を見つけながらニュースを見ていったほうが理解も深まると思います。

岩瀬:地図も会計も「経済に近いもの」としては同じだから、地図から実体を見ることが会計から実体を見ることにもつながるわけですね。

山田:そうですね。実は以前は、簿記を勉強する学生に向けて「家計簿をつけましょう」と言っていたんです。でも学生の中には家計簿を知らない人もいる。親がつけていなかったからです。家計簿を見たこともない人に家計簿をつけさせるのはハードルが高いと思って、地図を見ることから推奨するようにしたんです。


■すべての社会問題は「会計のデメリットによるもの」
15041702

岩瀬:会計学から経済学が生まれたという山田さんにとって、お金はどんな存在として見えていますか?

山田:「だいたいのものは買えるもの」ですね。曖昧な定義かもしれませんが、お金ってそもそもフワッとしたものなので、無理に当てはめる必要もないのかな、と。貨幣というものは、簿記が発明されたためにその存在が膨らんでいったわけで、もともと誰かが定義づけて作ったものではないんです。ルネサンス期まで遡ってこの500年か600年の間は、「だいたいのものは買える」のがお金だったのだと思います。

岩瀬:つまり会計は、そのフワッとしたお金を管理する技術ということですね。

山田:管理する技術でもあるし、社会をそのまま映し出す鏡だと思います。環境とか安全とか、21世紀になって言われるようになりましたよね。なぜそれまではあまり言われなかったのか。それは環境や安全が簿記に載っていなかったからです。人間は会計にないものを軽視します。会計にあるからお金を大事にする、土地を大事にする、資本を大事にする。環境が軽視されるのはGDPに換算されないからです。

岩瀬:排出権取引なんかはまさにその一歩手前のものですね。会計に入ってくれば真剣にならざるを得ない。

山田:数値化されないと人間は動きませんから。今の社会問題って、会計のデメリットがそのまま表れたものがほとんどだと思います。

岩瀬:会計原理主義者みたいですね(笑)。

15041703

山田:そうですよ(笑)。でも実際、原発問題も結局は会計の問題だと思っています。安全性や保障のことが会計に入っていなかったので、今あれだけの問題になっている。1970年代にフォード社が安全装置をつけるコストと、つけずに補償金を払うコストのどっちが安いかを計算したことがありました。結局補償金を支払うほうが安いということになり、安全装置をつけなかったんです。それがまかり通ったのは補償金でしか人の命を貨幣換算できなかったからです。本来、人の命は補償金だけの価値ではないはずです。原発もこれと同じで、人の補償金だけをコスト扱いにしてしまった。今後、人類が何千年先まで続くことを考えてコスト換算できれば、原発の問題は解決できると思っています。会計原理主義者としては。

岩瀬:なるほど。会計の欠陥がいろんな問題に波及するとなると、やはり誰もが最低限の会計知識を身につけておく必要がありそうですね。

山田:複式簿記3級程度の知識を持っておくだけでも、世の中のニュースがだいぶわかりやすくなります。世の中で話題になるのは、だいたい資産の話か負債の話か資本の話ですから、どんなに複雑な問題も会計というフィルターを通すことでだいぶ整理できてしまうのです。会社や家庭でも同じことが言えます。どんな仕事をしている人でも会計知識はきっと役に立つと思いますよ。


<プロフィール>
山田真哉(やまだ・しんや)
公認会計士・税理士・一般財団法人 芸能文化会計財団理事長。 1976年神戸市生まれ、大阪大学文学部卒業後、東進ハイスクール、中央青山監査法人/プライスウォーターハウス・クーパースを経て、独立。2011年より現職。 小説『女子大生会計士の事件簿』(角川文庫他)はシリーズ100万部、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(光文社)は160万部を突破するベストセラーとなる。最新刊は『結婚指輪は経費ですか? 東京芸能会計事務所』(角川文庫)。大企業から中小企業まで数多くの企業の会計監査や最高財務責任者、税務顧問、社外取締役として務めた経験から、現在も約40社の顧問として社長の参謀役になっている。

【参考記事】
■新人に教えたいビジネスメール3つの基本 | ライフネットジャーナル オンライン
http://media.lifenet-seimei.co.jp/2015/04/07/2976/
■いつもより30分早く帰宅する!ビジネスメール術5選 | ライフネットジャーナル オンライン
http://media.lifenet-seimei.co.jp/2015/04/14/2966/
■メンタルの救世主になりたい?!キャリアカウンセラーが教える「カウンセラーに転身する方法」(後藤和也 産業カウンセラー/キャリアコンサルタント)
http://sharescafe.net/44287134-20150415.html
■新人配属の季節。この機会に先輩社員も○○をリニューアルしよう (小紫恵美子 中小企業診断士)
http://sharescafe.net/44247703-20150413.html
■グーグルはなぜ新入社員に1800万円の給料を払うのか? (中嶋よしふみ SCOL編集長)
http://sharescafe.net/44175529-20150408.html

ライフネットジャーナル オンライン

この執筆者の記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加



関連コンテンツ

シェアーズカフェからのお知らせ
シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、個人のお金に関するレッスン・相談・アドバイスを提供しています。SCOL編集長でFPの中嶋が直接指導します。
シェアーズカフェ・オンライン編集長の中嶋が士業・企業・専門家向けの執筆指導・ウェブコンサルティングを提供します。

執筆者プロフィール