a0782_001148

政府目標は平成32年までに年間3,000万人の外国人観光客を誘致するとしています。以前は平成32年までに年間2,000万人の外国人観光客を誘致するといった目標だったのですが、目標を上方修正した形になっています。

このように順調に我が国を訪れる外国人観光客が増加し、良い思い出を持ち帰ってくれると嬉しいですよね。

さて、このように年々増加を続けている外国人観光客ですが、外国人観光客が訪れる観光地と聞くと、どこを思い浮かべるでしょうか?北海道、京都、それともやっぱり東京でしょうか?

日帰り旅行とはいきませんので、外国人観光客が多く訪れる観光地を調べるためには宿泊客数が一つの基準になるでしょう。

そこで政府観光局の統計情報から外国人観光客の宿泊客数を調べてみました。(以下、宿泊旅行統計調査 平成27年1月~12月分(年の速報値) 国土交通省観光局より)

その結果、平成27年では東京都が1,600万人で1位、2位は大阪府で890万人となっていました。筆者は外国人観光客が好む場所というと関西圏のイメージが強かったので、この結果はちょっと意外でした。ちなみに、京都は400万人と4位、奈良は25万人で24位です。

■関東圏はどうでしょう?
さて、このような外国人観光客の宿泊数が分かる統計情報があるのですが、関東はどうでしょうか?

統計情報からは、千葉県が宿泊者数340万人で6位、神奈川県が210万人で9位、栃木県が17万人で29位、茨城県が16万人で32位、埼玉県が15万人で34位、群馬県も15万人で35位といった結果が導き出せました。

日光東照宮や富岡製糸場のような世界遺産や、草津や鬼怒川温泉などがあり国内有数の観光地となっているにもかかわらず、北関東は苦戦しています。

一方、成田空港があり、東京ディズニーランド等の巨大テーマパークのある千葉県や箱根や横浜といった観光地がある神奈川県は堅調に外国人観光客の誘致に成功しているようです。

ただし、この統計情報は宿泊客数の統計となっています。ですから、例えば、都内に宿泊して日帰りで日光東照宮や富岡製糸場、偕楽園、秩父などを見に行くといった観光客の動向については本資料からは把握できません。

そのため、外国人観光客が北関東を訪れていないとは言えないことに注意が必要です。おそらく宿泊した近隣の都道府県にまでは足を延ばすと考えられますので、関東には相当数の外国人観光客が訪れていると考えていいのでしょう。

■魅力の発信など地道に取り組む必要があります
さて、国内6位の千葉県については少し気になる点があります。というのは、千葉県内の統計情報では75.9%の外国人観光客が印旛と呼ばれる地域に宿泊しているという点です。

印旛地域は成田空港よりも都心よりの地域ですから、外国人観光客が千葉県内各地の観光地を訪れているかどうかはちょっと疑問です。成田空港を利用する外国人観光客が、日本に到着してとりあえず一泊、もしくは出国する前に一泊といった外国人観光客も多数いると考えられますので、統計に表れている数字ほど多くは外国人観光客が千葉県内を観光していない可能性もあるのです。

そのため、千葉県ではインターネットの活用に力を入れているとのことです。報道では

増加する訪日外国人を県内観光地に呼び込もうと、千葉県はインターネットの活用に力を入れている。清潔で快適なトイレ情報に特化したサイトを開設、「自慢のおもてなしトイレ」を紹介したり、風光明媚(めいび)な自然、お祭りなど県内の魅力を紹介する動画も作成。千葉日報 2016年4月9日


とされており、千葉県内の魅力を地道に国内外に発信しているとのことです。

■外国人観光客数6位の千葉県ですら魅力を発信しようとしています
観光客数が6位といえば、とても立派な数値です。ここまで大きなシェアを占めていれば、訪日外国人観光客数が増えれば勝手に千葉県の観光客数も同じような比率で増加すると判断しても不思議ではありません。

しかし、そのような立派な数値を残している千葉県でさえ、積極的に国内外に自県の魅力を発信しています。(統計数字ほどには観光客が県内を回遊していないといった危機感があるのかもしれません。)

確かに、インバウンド消費を取り込んでと掛け声は、それが上手くいけば地域の経済活性化につながる魔法の杖のように聞こえます。しかし、本気で外国人観光客を取り込もうと考えた時には、千葉県のような地道な取り組みも必要なのです。

インバウンド消費を取り込みたいと考えたとき、あなたのお住まいの地域は、ここまで地道に粘り強く取り組む覚悟があるでしょうか?

【参考記事】
■当事者が誰も得をしないオワハラ行為を今すぐ止めるべき理由(岡崎よしひろ 中小企業診断士)
http://sharescafe.net/44683992-20150511.html
■キングジムの型破り開発術を中小企業が単純にマネしてはいけない理由(岡崎よしひろ 中小企業診断士)
http://sharescafe.net/44623331-20150507.html
■もう起業貧乏にはならない!専門家のアドバイスを『タダ』で利用し起業する方法(岡崎よしひろ 中小企業診断士)
http://sharescafe.net/42751168-20150106.html
■自動運転技術が確立されたとき、中小企業にとってチャンスが訪れます(岡崎よしひろ 中小企業診断士)
http://sharescafe.net/48236024-20160331.html
■お店を経営している人も生活者ですよね?消費税をめぐる報道を考える 岡崎よしひろ
http://sharescafe.net/38555851-20140430.html

岡崎よしひろ 中小企業診断士


この執筆者の記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加




関連コンテンツ

シェアーズカフェからのお知らせ
シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、個人のお金に関するレッスン・相談・アドバイスを提供しています。SCOL編集長でFPの中嶋が直接指導します。
シェアーズカフェ・オンライン編集長の中嶋が士業・企業・専門家向けの執筆指導・ウェブコンサルティングを提供します。




執筆者プロフィール