GDPと税収


ケインズは、アダムスミスの作った主流派経済学を基本的には認めながらも、「神の見えざる手」は景気を回復させるのが苦手だから、不況対策だけは政府が行うべきだ、と主張しました。今回は、ケインズの経済学について学びましょう。

■ケインズは、「神様は景気回復が苦手だから政府が」
アダムスミスは、「神の見えざる手に任せて王様は経済に手出ししないで下さい」と言いました。神の見えざる手を信じる経済学は、古典派、新古典派などと呼ばれ、今でも主流派経済学なのですが、彼らは失業や不況を気にしません。「作った物は売られるので売れ残らない。なぜなら、需要と供給が一致するまで価格が下がるからだ」「失業問題は時間が解決する。労働力の需要と供給が等しくなるまで労働力の価格(賃金)が下がるからだ」というわけです。

しかし実際には、売れ残りも不況も失業も存在しています。ケインズは、アダムスミスは基本的に正しいとしながらも、「長い時間をかければ、神様が失業などの問題を解決するのだろうが、それまでに我々が死んでしまうかも知れない」と言って伝統的な経済学を批判したのです。その上でケインズは、不況の時に景気を回復させるのは神様は苦手だから、そこは政府がしっかりやろう、と言ったわけです。

■まずは中央銀行が金融を緩和すべきだが、効き目には限度あり
景気が悪い時には中央銀行(日本で言えば日銀)が金融緩和をして金利を引き下げるべきです。金利が高ければ、借金をして工場を建てても儲からないので、だれも工場を建てません。金利が高ければ、住宅ローンを借りて家を建てる人もいないでしょう。そうなると建設労働者が失業してしまいます。そこで、中央銀行が金融緩和をして金利を下げ、人々が借金をして工場や家を建てるように促すべきだ、というわけです。

もっとも、金利を下げて行くと、次第に金融緩和が効きにくくなるので、そうなったら公共投資をしよう、というのがケインズの主張の基本です。金利を下げて行くと金融政策が効かなくなることの説明が難解な理論なので、説明は省略します。

■公共投資で需要を作ろう
政府が橋や道路を作るために失業者を雇えば、その事で失業者が減りますが、効果はそれにとどまりません。雇われた元失業者がテレビを買えば、テレビメーカーが増産のために別の失業者を雇い、テレビメーカーに雇われた元失業者が別の物を買い、という具合に景気が回復してゆくからです。このように、政府が使った金額の何倍もの需要が生まれることを「乗数効果」と呼びます。

公共投資以外でも、減税という手段もあります。いずれにしても、不況の時に税収が多くない時に政府が公共投資をしたり減税をしたりすれば、資金が不足します。その分の借金をしてでも景気を回復させるべきだ、というのがケインズの主張なわけですね。

■株価は美人投票の如し
経済学の本題とは離れますが、ケインズは、「株の値段は美人投票のようなものだ」と言いました。気をつける必要があるのは、ケインズ時代の美人投票は、今と異なり、優勝者に投票した審査員も景品がもらえたのだ、という事です。そうなると、審査員は自分が美人だと思う候補ではなく優勝しそうな候補に投票するようになります。

審査員たちは「誰が美人であるか」よりも「他の審査員が誰に投票するのか」に興味があるので、候補者を眺めていないで審査員席の噂話に耳を傾けます。「C子が優勝しそうだ」という噂が流れると、皆がC子に投票するので、実際にC子が優勝するからです。

株の世界もこれと同じで、「D社の株が上がりそうだ」という噂が流れると、投資家(および投機家)たちがD社の株を買うので、実際にD社の株が値上がりする可能性が高いのです。

そこで、ケインズは「株で儲けようと思ったら、人々の噂話に耳を傾けなさい」と教えたのですね。もっとも、これは短期投資の話ですから注意が必要です。買った株を10年持っているつもりなら、他人の噂を気にすべきではありません。なんと言っても「人の噂も75日」ですから(笑)。

今回は、以上です。なお、本稿は厳密性よりもわかりやすさを優先していますので、細部が不正確な場合があります。事情ご賢察いただければ幸いです。


【参考記事】
■『一番わかりやすい経済学入門』(塚崎公義 大学教授)
https://ameblo.jp/kimiyoshi-tsukasaki/entry-12340883038.html
■とってもやさしい経済学 (塚崎公義 大学教授)
http://ameblo.jp/kimiyoshi-tsukasaki/entry-12221168188.html
■経済学の初心者に「アダム・スミス」を教えてみた
http://sharescafe.net/52949231-20180213.html
■少子高齢化による労働力不足で日本経済は黄金時代へ(塚崎公義 大学教授)
http://sharescafe.net/49220219-20160809.html
■老後の生活は1億円必用だが、普通のサラリーマンは何とかなる (塚崎公義 大学教授)
http://sharescafe.net/49185650-20160728.html

塚崎公義 久留米大学商学部教授


この執筆者の記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加






関連コンテンツ

シェアーズカフェからのお知らせ
シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、個人のお金に関するレッスン・相談・アドバイスを提供しています。SCOL編集長でFPの中嶋が直接指導します。
シェアーズカフェ・オンライン編集長の中嶋が士業・企業・専門家向けの執筆指導・ウェブコンサルティングを提供します。

執筆者プロフィール