headphone0302IMGL4463_TP_V

2018年の秋、DMMは「学びを、キャリアを加速する。」をテーマに旅行事業を開始することを発表しました。DMMは話題となるあらゆるジャンルの新事業参入に顔を出す元気な会社です。動画配信から外国為替証拠金取引(FX)、オンラインゲーム、仮想通貨、ロボット事業など様々な業態で実績を上げていながら、その実態は中々見えません。そしてDMMがなぜここまで多数の事業を展開するのか、その意図を各種メディアのインタビューを中心に迫って調べてみました。

■DMMの創業者とは?
1961年石川県生まれで現在57歳の亀山敬司氏。地元の高校卒業後、税理士を目指して上京、専門学校に入学するも中退。その後、東京・六本木でアクセサリーの露天販売を始めますが廃業し、地元石川県で飲食店経営などを経て、レンタルビデオ店を開業とかなり転々としています。世間一般の常識からすれば、一つのことを続けられない人と見られてもおかしくありません。

そしてレンタルビデオ店の開業をきっかけにアダルトビデオメーカーとしても製造販売を行い、1998年インターネット黎明期に動画配信事業を開始、現在のDMMの原型ができあがります。翌1999年に石川県で株式会社デジタルメディアマート(現DMM.com)を設立します。

亀山氏は『当たったのがたまたまAVだっただけ』とアダルト業界にこだわりはないようですが、同事業で蓄積した200億円以上の内部留保で2009年から多角化を推進し、上記の通り様々な事業に手を広げます。(参照・異色経営者DMMグループ亀山敬司伝 東洋経済オンライン 2015/05/08)

■DMMの事業内容とは?
DMMは未上場のため情報は限られますが、2017年2月決算では前年対比3割を超えて好調なようです。事業別の売上の主力はインターネットを活用した動画・配信事業、オンラインゲーム事業、太陽光を中心としたエナジー事業となります。それ以外にも、通販・レンタル事業、証券事業、インターネットを活用した英会話事業、モバイル事業、3D事業及びロボット事業などなど数多くの事業領域でサービスを拡充していています。

潤沢な内部留保をつぎ込んで積極的に新規事業を推進する亀山会長はインタビューの中で以下のように答えています。

参入を決めるポイントの一つは、世間の支持をちゃんと受けられるものであること。いくら儲かっても世間に支持されなければ長続きしない。もうひとつは「はやりもの」であること。
Special Interview DMMホールディングス 会長 亀山敬司「出た利益はすべて新規事業につぎ込む」 週刊東洋経済 2017/12/30号


2017年に発表した「シェアリング自転車」事業は「はやりもの」という視点で参入を予定しましたが、中国で放置自転車が社会問題化すると日本でも世間の支持が得られないと判断したのかすぐに撤退を発表し、長期的な視点で参入分野を見極めていることがうかがえます。

■新規事業を生み出す社長直属部隊「カメチョク」とは?
元々のアイデアマンながら『50歳にもなるとアイデアが浮かばなくなる。SNSやスマホ……となると頭がついていかない』と考え、2011年に「カメチョク」(亀山氏直下の新規事業部隊)を社内に設置。

起業家らアイデアを持った外部の人へ新規事業開発を業務委託する仕組みを構築します、大ヒットとなったオンラインゲーム「艦隊これくしょん」や「DMM英会話」「3Dプリンターサービス」などを成功させました。(参照・異色経営者DMMグループ亀山敬司伝 東洋経済オンライン 2015/05/08)

カメチョクの内容は、応募者200名の中から50名と業務委託契約です。

「金はいい値で出すけど、半年で形にならなかったらクビ」という方針で半年後に残るのが10名、その中から生まれたオンラインゲーム「艦隊これくしょん」が大ヒットし49人分の損を全部取り返す――という仕組みになっているそうで、これがDMMの新規事業の取り組みの神髄であり、どれが成功するかわからない


このように、「とりあえずやらせてみる」仕組みがカメチョクです。(参照・解決編 異形の経営者の秘めた矜持 エロマネーが支える「愉快ナル理想工場」 日経ビジネス 2016/01/11)

社内の事業の多くが死屍累々で失敗ばかりといいながら、これまで平均年30%の売上成長を果たしてきた原動力は数多く新事業をやってみて、その結果として1/50でも大ヒットすればいいという確率論で成り立っています。

■DMMの強みとは?
現在社長職は36歳の片桐孝憲氏に譲り、亀山氏は会長職となっています。合わせて社内の組織体制を見直して、持ち株会社化して各事業部への権限移譲を推進しています。

とはいえ、会長の影響力は大きいようで古参のメンバーであるネット部門責任者が「撤退の早さが強み」と亀山氏を評しています。言葉を裏付けるように、完成間近のプロジェクトでも競合の動き次第で突然やめることもあり『自分の感性よりも、実際に売れているかどうかに素直に従う』という亀山氏の撤退の早い決断力が失敗を企業の致命傷とならないDMMの強みとなっています。(参照・異色経営者DMMグループ亀山敬司伝 東洋経済オンライン 2015/05/08)

■DMMの成長理由とは?
事業があまりに多岐にわたり実態が見えてこないDMMですが、その真相の一つは成長分野を見極めて参入していることです。もう一つは成功するのは確率論と割り切り、数多くの新規事業への参入と撤退の時に見せる迅速な経営判断の組合せです。それは他社を寄せ付けない圧倒的な「トライアンドエラー」の数で成り立っています。

露天商から3000人を率いる従業員グループ企業のトップにいる亀山氏はまるで映画のようなサクセス・ストーリーですが、その行動原理は一貫して変化はないのかもしれません。

【関連記事】
■中小零細企業に必要な「仕事がうまい」人材 (玉木潤一郎 経営者)
http://sharescafe.net/48242519-20160331.html
■地方の中小企業経営者が現場から見た「女性活躍」のリアル (玉木潤一郎 経営者)
http://sharescafe.net/48171281-20160323.html
■映画「LA LA LAND」に見る、夢の実現と経済的成功 (玉木潤一郎 経営者)
http://sharescafe.net/50853160-20170314.html
■「もっと輝きたい」ママ起業を収益化する厳しい道のり。(玉木潤一郎 経営者) 
http://sharescafe.net/51239032-20170508.html
■ポストSMAP争奪戦から考える 企業の価値創造 (玉木潤一郎 経営者)
http://sharescafe.net/49970392-20161110.html


藤井憲 経営コンサルタント

【プロフィール】
中小企業をサポートするPR、営業が得意な経営コンサルタント。ストックビジネスの観点から継続的に利益を生み、安定成長できる会社つくりを目指します。

この執筆者の記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加



関連コンテンツ

シェアーズカフェからのお知らせ
シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、個人のお金に関するレッスン・相談・アドバイスを提供しています。SCOL編集長でFPの中嶋が直接指導します。
シェアーズカフェ・オンライン編集長の中嶋が士業・企業・専門家向けの執筆指導・ウェブコンサルティングを提供します。

執筆者プロフィール