税理士・介護福祉経営士の藤尾智之です。

2I3A2960

・税理士
・介護福祉経営士
・ファイナンシャルプランナー(AFP)
・ヘルパー2級

東京武蔵野市・社会福祉法人親の家 元事務長。
同法人内の居宅介護支援事業所、訪問介護事業所 元管理者。
平成23年税理士試験合格。
税理士法人山田アンドパートナーズを経て独立。
平成26年 第5回E-1グランプリ(セミナーコンテスト) 優勝
       
介護施設経営の経験を活かし、話の通じる税理士として経営者様をサポートします。
エアレジ、クラウド会計を積極的に推進中。

私の前職は特別養護老人ホームの事務長です。法人・施設の統括をしておりました。特別養護老人ホームは、介護を必要とした方の終の棲家として社会的責任を担っている場所です。そして、「死」に接する機会も多い場所です。
そのような「死」に接したある日、「争続」を目の当たりにしました。施設職員はどの家族の味方にもなれませんが、この時にどんな職業だったら助けてあげられるのかなと思いました。そして、争う遺族よりも、つい最近まで生きていらっしゃったご利用者の顔を思いだして、悲しんでいるだろうなと考えるようになりました。祖父母に育てられた私は、おじいちゃん、おばあちゃん子です。そんな人生の先輩の悲しい顔よりも笑顔が大好きです。争い事が起きる前に継承について家族の合点があれば問題は起きにくいはずと確信し、そして、この瞬間「税理士」になると心に誓いました。


参加にあたって一言

日本の介護現場を骨の髄から知り、ホーム経営を行ったことのある税理士は何人いるでしょうか。現場の苦しみにスポットライトを当てつつ、施設の切実な問題、家族の介護問題や相続問題についての記事を書きたいと思います。


この執筆者の記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加




関連コンテンツ

シェアーズカフェからのお知らせ
シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、個人のお金に関するレッスン・相談・アドバイスを提供しています。SCOL編集長でFPの中嶋が直接指導します。
シェアーズカフェ・オンライン編集長の中嶋が士業・企業・専門家向けの執筆指導・ウェブコンサルティングを提供します。




執筆者プロフィール