Widgets Magazine


シェアーズカフェオンラインとは? 広告掲載 配信先募集/業務提携 利用規約 運営者情報 書き手募集 お問い合わせ 

トップページ

マネー全般

政治/経済

投資/ビジネス

ライフプラン

法律

書き手紹介

お知らせ


カテゴリー : 働き方 労働・ブラック企業問題


増沢隆太 人事コンサルタント

景気回復実感がないという巷の声が少なくないまま人手不足が続いています。建築関係やサービス、流通業界の人手不足は深刻で、少子化という構造も相まって先行きは不安です。そんな中、衝撃のニュースが。忍者のなり手が足りないとのこと。忍者人材の獲得は、今話題の人材供 ...

カテゴリー : 働き方 労働・ブラック企業問題


朝生容子 キャリアカウンセラー・産業カウンセラー

2013年にゼリア新薬工業株式会社に入社したAさんが、新入社員研修受講後に自殺。2015年に労働災害と認定されたことが明らかになりました。さらに遺族が同社と研修を請け負った会社、講師を相手取って損害賠償を求める訴訟を起こしたと報道されました。 (「ゼリア新薬の22歳 ...

カテゴリー : 働き方 労働・ブラック企業問題


川崎隆夫 経営コンサルタント、(株)デュアルイノベーション代表取締役

日本テレビ系列で7月8日からスタートした土曜夜22時放送のドラマ「ウチの夫は仕事ができない」は、勤務先で「仕事ができない社員」という烙印を押された夫を、妻が二人三脚で支えていく話を中心にして展開される、若い夫婦の「夫婦愛」をテーマにしたドラマです。また「仕事 ...

カテゴリー : 働き方 労働・ブラック企業問題


榊 裕葵 社会保険労務士・CFP

会社員の方にとって、「取締役への就任」を打診されるのは光栄なことであろう。出世の階段を大きく上ったという喜びを感じる瞬間ではないだろうか。大企業であれば、個室や社用車が与えられるとか、グリーン車やビジネスクラスが使えるようになるとか、待遇面でも一段上の扱 ...

カテゴリー : 就職活動 労働・ブラック企業問題


増沢隆太 人事コンサルタント

新卒学生に内定(内々定)が続々と出ています。これまで以上に早期化が進んだ新卒採用において、すでに複数内定を獲得した学生も珍しくなく、圧倒的売り手市場と呼ばれる今年の就活は学生優位で進んでいます。しかし入社できるのは1社だけ。どうやってその1社は決めるのでし ...

カテゴリー : 働き方 労働・ブラック企業問題


榊 裕葵 社会保険労務士・CFP

私は旅行が好きなので、飛行機に乗ることもたびたびあるが、最近は国内線でもJALやANAでは機内Wi-Fiが使える機体が増えた。サラリーマン時代はグローバル企業に勤めていたので海外出張をする機会もあったが、欧州へ行く途中のシベリア上空からもインターネットに接続できて ...

カテゴリー : 働き方 労働・ブラック企業問題


増沢隆太 人事コンサルタント

キレる中高年などで話題になるクレーマーはあらゆる場面、あらゆる産業で対応が必要な問題です。接客講座など従業員教育は対症療法でしかなく、本質的な対応が必要ですが、しかしその最大の壁として立ちふさがるのは身内です。特に現場から離れた経営層に大きな課題がありま ...

カテゴリー : 働き方 労働・ブラック企業問題


榊 裕葵 社会保険労務士・CFP

電通、三菱電機など、名だたる大企業が過重労働問題に揺れている。36協定で延長できる残業時間に罰則付きの上限を設けるという法改正の動きも始まっており、長時間労働の改善は待ったなしの状況である。 ...

カテゴリー : 労働・ブラック企業問題 年金・老後


榊 裕葵 社会保険労務士・CFP

一部の個人事業主を除き、事業主は正社員および正社員の4分の3以上の勤務時間・勤務日数で働く非正規社員を社会保険(厚生年金+健康保険)に加入させなければならないが、「社会保険に加入すると、君たちの手取りも減るから、社会保険に加入するのはやめておこう」などと適 ...

カテゴリー : 経済 労働・ブラック企業問題


塚崎公義 大学教授

違法な残業を取り締まろうという動きが活発化しそうです。今まで野放しになっていたものが規制されることになるわけです。誰でも、規制が強化されるのはイヤです。産業界も、残業規制が強化されるのは嬉しくないと思っているでしょう。 ...

カテゴリー : 経営 労働・ブラック企業問題


川崎隆夫 経営コンサルタント、(株)デュアルイノベーション代表取締役

電通は昨年末に女性新入社員が過労により自殺した事件を受けて、労使協定で最長70時間に定めていた月間の時間外労働時間の上限を5時間引き下げて、65時間にすると明らかにしました。また20日には、2013年にも30歳の男性社員が、同じく過労死として労災認定をされていたこと ...

このページのトップヘ