シェアーズカフェオンラインとは? 広告掲載 配信先募集/業務提携 利用規約 運営者情報 書き手募集 お問い合わせ 

トップページ

マネー全般

政治/経済

投資/ビジネス

ライフプラン

法律

書き手紹介

お知らせ


カテゴリ: マネー

カテゴリー : 年金・老後 経済


中嶋よしふみ シェアーズカフェ・オンライン編集長 ファイナンシャルプランナー

先日、中日新聞に掲載された社会学者の上野千鶴子氏のコメントが話題になっている。「平等に貧しくなろう」というドキっとさせられる見出しで、賛否両論が巻き起こっているようだ。 上野氏のコメントを手短にまとめると「今後の日本は人口が減る事は避けがたい、移民の受 ...

カテゴリー : 家計管理・節約・消費者問題 税金


浅野千晴 税理士

あなたはお金持ちと聞くと、年収いくらくらいを想像しますか? 「年収1,000万円」は1つの収入のボーダーラインとなるのではないでしょうか。そのような憧れともいえる年収1000万円ですが、税金の負担が、今徐々に重くなってきています。 ■年収は同じなのに控除が下がっ ...

カテゴリー : マネー 税金


会計のポータルサイト カイケイ・ファン

2016年8月25日、内閣府が遠距離のカップルの結婚を後押しし、支援する税制を2017年度の税制改正要望に盛り込む方針を決めたと公表し、話題になりました。 これは少子化対策の一環であり、結婚率を上げることが目的となっています。結婚支援の税制としては、踏み込んだ形であ ...

カテゴリー : 税金 ライフスタイル


藤尾智之 税理士・介護福祉経営士

待ちに待った平成27年分の相続税の申告状況が発表されました。平成27年1月以降の基礎控除額が従来の6割まで引き下げられたため、課税割合は間違いなく増加するはずです。しかし、実際どの程度まで上がるかは憶測の域を出ず、国税庁の発表が待たれていました。 ...

カテゴリー : 年金・老後 税金


浅野千晴 税理士

アパートを建てたりタワーマンションを購入したりして税金対策をする相続税ですが、実際のところ、現在100人中どのくらいの人が納税をしているのかご存知でしょうか? 正解は8人。意外と少ないと感じたのかもしれません。 ■税収が3割増え、納税者が3割増えた相続税 相続 ...

カテゴリー : マネー 働き方


野口俊晴 ファイナンシャルプランナー

■夫婦控除は選挙対策で潰された 平成29年度の税制改正大綱では夫婦控除が見送られ、配偶者控除が見直しとなりました。税の負担増が見込まれた専業主婦層からの猛反発を政府が危惧し、29年1月観測の解散・総選挙、夏の都議選で不利になるからということのようです。 ...

カテゴリー : 税金 家計管理・節約・消費者問題


藤尾智之 税理士・介護福祉経営士

ついに平成29年税制改正大綱が発表になりました。今回の税制改正ですが、当初は今までのうっぷんをはらすくらい大掛かりになる改正と期待されましたが、時がたつにつれてトーンダウンし、半世紀続いた配偶者控除も小さな改正に留まりました。とはいえ、私たちの生活に影響が ...

カテゴリー : マネー 


会計のポータルサイト カイケイ・ファン

各社の新聞報道によると、政府・与党内において、先般より議論されてきた「配偶者控除の廃止」について、2017年度税制改正では見送る方針を固めたようです。一体、どのような事態が生じているのでしょうか。 ...

カテゴリー : 家計管理・節約・消費者問題 税金


藤尾智之 税理士・介護福祉経営士

今回は本気か!? と話題になった配偶者控除の廃止論。しかし廃止は見送られ、代わりに配偶者控除と配偶者特別控除が合体した新たな配偶者控除の導入が濃厚となりました。改正される配偶者控除の中身と目安となる年収について見ていきましょう。 ...

カテゴリー : マネー 


会計のポータルサイト カイケイ・ファン

産経新聞の報道によれば、日本政府は8月8日、内閣改造後初めてとなる経済財政諮問会議を開きました。民間議員は新内閣に対し、名目国内総生産(GDP)600兆円の実現に向け、働き方改革などを着実に進めていくよう要望しました。そのうちの重点課題として、配偶者控除と配偶者 ...

カテゴリー : 家計管理・節約・消費者問題 税金


浅野千晴 税理士

私たちが納めた税金をどのように使っているのか、またその使い方に問題がないのかを調べる政府の独立した調査機関として会計検査院があります。平成27年度の監査報告は今月11月7日に内閣総理大臣に提出されましたが、平成27年度に不当に処理していた事項はなんと1兆2,189億4 ...

カテゴリー : マネー 年金・老後


会計のポータルサイト カイケイ・ファン

公的年金については、さまざまな問題があり、不正確な報道や誇張された報道のため国民の間に誤解が広がっています。年金問題の専門家以外の経済や政治の評論家ですら誤解が多いのです。そこで今回は、年金積立金の運用について解説します。 ...

カテゴリー : マネー 年金・老後


会計のポータルサイト カイケイ・ファン

公的年金についてはさまざまな問題があり、不正確だったり誇張されたりしている報道が流され、国民の間に誤解が広がっています。年金問題の専門家以外の経済や政治の評論家ですら誤解が多いのです。 今回は、少子高齢化というキーワードが実態に即していないことを解説しま ...

カテゴリー : 介護 年金・老後


藤尾智之 税理士・介護福祉経営士

介護保険の自己負担割合は長らく1割負担でした。しかし、平成27年8月から一定の基準を超える所得者は2割負担と変わりました。その2割負担もつかの間、ついに3割負担となる日がやってくるようです。 ...

カテゴリー : 労働・ブラック企業問題 年金・老後


榊 裕葵 社会保険労務士・CFP

一部の個人事業主を除き、事業主は正社員および正社員の4分の3以上の勤務時間・勤務日数で働く非正規社員を社会保険(厚生年金+健康保険)に加入させなければならないが、「社会保険に加入すると、君たちの手取りも減るから、社会保険に加入するのはやめておこう」などと適 ...

カテゴリー : 投資 住宅


塚崎公義 大学教授

自宅か借家か、コストで比較するFP(ファイナンシャルプランナー)は多いですが、リスク管理の観点も含めると、自宅が望ましいでしょう。一方、貸家の保有はリスク管理の観点からお勧め出来ません。今回は、リスク管理面から見た自宅と貸家について、考えてみましょう。 ...

カテゴリー : 年金・老後 投資


塚崎公義 大学教授

NISAという制度は、専用口座で株式投資などを行なった場合、配当や売買益などが非課税になる、というもので、比較的広く知られていますし、利用者も多いようです。しかし、これよりお得な個人型確定拠出年金という制度は、あまり知られておらず、利用者も非常に少ないよう ...

カテゴリー : 経済 家計管理・節約・消費者問題


塚崎公義 大学教授

老後資金というと、「良い運用方法は無いか?」といった事が話題になる事が多いのですが、それ以前に「多く働いて収入を増やす」「生活を見直して支出を抑える」ことが重要でしょう。1000万円を運用して2割増やすより、200万円稼ぐ方が確実で簡単ですから。 ...

このページのトップヘ