Widgets Magazine


シェアーズカフェオンラインとは? 広告掲載 配信先募集/業務提携 利用規約 運営者情報 書き手募集 お問い合わせ 

トップページ

マネー全般

政治/経済

投資/ビジネス

ライフプラン

法律

書き手紹介

お知らせ


カテゴリ:ライフスタイル > 働き方

カテゴリー : 働き方 経済


本田康博 証券アナリスト・馬主

安倍首相が議長を務める「働き方改革実現会議」で、同一労働同一賃金に向けた取り組みが検討されています。先日開催された第5回会議では、政府から「同一労働同一賃金ガイドライン案」が提示されました。本ガイドライン案は、正規か非正規かという雇用形態にかかわらない均等 ...

カテゴリー : マネー 働き方


野口俊晴 ファイナンシャルプランナー

■夫婦控除は選挙対策で潰された 平成29年度の税制改正大綱では夫婦控除が見送られ、配偶者控除が見直しとなりました。税の負担増が見込まれた専業主婦層からの猛反発を政府が危惧し、29年1月観測の解散・総選挙、夏の都議選で不利になるからということのようです。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 産業カウンセラー/キャリアコンサルタント

実に痛ましい事件が起きてしまった。ある市役所でうつ病から復帰勤務中の職員が、上司の心ない言動が要因となり自殺してしまったという。 ...

カテゴリー : 働き方 メディア


朝生容子 キャリアカウンセラー・産業カウンセラー

TBSドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」(以後、「逃げ恥」)が大人気です。話題が話題を呼び視聴率も上昇し続け、最新のデータでは16%超えを記録(ビデオリサー調査 11月28日~ 12月4日データ)。ビジネスライクな契約結婚から始まった、奥手の主人公の恋愛模様に、胸をきゅ ...

カテゴリー : 働き方 メディア


中嶋よしふみ シェアーズカフェ・オンライン編集長 ファイナンシャルプランナー

先日、NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」で弟子入りスペシャルと銘打った内容が放送された(2016/11/28)。10代の若者がその道のプロに弟子入りをして仕事の厳しさを学ぶ、という内容だ。 天ぷら職人、空港の清掃スタッフ、そして漫画編集者と三者三様の姿が描かれて ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


野口俊晴 ファイナンシャルプランナー

■副業・兼業のガイドラインが出る 安倍内閣は、これまで進めてきた「働き方改革」の一環として、社員の副業・兼業を企業が容認するよう今年度中にガイドラインを作成するとのことです。やっと「副業・兼業の緩和」が端緒についたということでしょうか。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


会計のポータルサイト カイケイ・ファン

涙ぐましい努力を重ねてようやく手にした公認会計士の資格。かつては公認会計士の人数もまだ少なく、儲かる仕事だと言われていました。しかし現在は人数が飽和状態にあり、業界内でも生き残りをかけた競争が激しくなっているといいます。そのような中で、公認会計士はどうし ...

カテゴリー : 子育て・教育 働き方


朝生容子 キャリアカウンセラー・産業カウンセラー

日本テレビのドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の視聴率が順調とのこと。初回から、先週放映済みの第5話まで、すべての回で視聴率は2桁を越えました。筆者の周囲でも、「意外に深い」という評判を聞きます。 主演の石原さとみさんはじめ、人気俳優や実力派俳優 ...

カテゴリー : 経営 働き方


岡崎よしひろ 中小企業診断士

企業が蓄えたもうけが過去最高の水準になっていると報道されています。そして、政府がその内部留保を活用して賃上げや投資に活用することを求めていくとのことです。 企業が蓄えたもうけを示す「内部留保」が増え続けている。財務省の法人企業統計によると、2015年度は ...

カテゴリー : メディア 働き方


中嶋よしふみ シェアーズカフェ・オンライン編集長 ファイナンシャルプランナー

先日、乃木坂46の人気メンバー、橋本奈々未さんの卒業が発表された。 先日書いた「乃木坂46の橋本奈々未さんが両親に家を買った理由」では乃木坂46のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」や各種インタビュー等を題材として、乃木坂46と橋本奈 ...

カテゴリー : 働き方 書評


中郡久雄 

だが、嘆いていてもなにも変わらない。自分の環境に照らし合わせ、自分ができることから始めてみるしかない。「1億総活躍」なるお題目が1億総疲弊になってしまわないために、まず一歩踏み出すことから始めてみようではないか。 ...

カテゴリー : 働き方 経営


岡崎よしひろ 中小企業診断士

日本政府観光局(JNTO)の資料によると、訪日外国人数は2013年1,030万人、2014年1340万人、2015年1,970万人と増え続けています。 つい十年前である2006年の訪日外国人数は730万人だったことを考えると、訪日外国人数は激増と言っても差支えのないペースで増加しています。 ...

このページのトップヘ