シェアーズカフェオンラインとは? 広告掲載 配信先募集/業務提携 利用規約 運営者情報 書き手募集 お問い合わせ 

トップページ

マネー全般

政治/経済

投資/ビジネス

ライフプラン

法律

書き手紹介

お知らせ


カテゴリ: 法律

カテゴリー : 働き方 労働・ブラック企業問題


榊 裕葵 社会保険労務士・CFP

電通、三菱電機など、名だたる大企業が過重労働問題に揺れている。36協定で延長できる残業時間に罰則付きの上限を設けるという法改正の動きも始まっており、長時間労働の改善は待ったなしの状況である。 ...

カテゴリー : 労働・ブラック企業問題 年金・老後


榊 裕葵 社会保険労務士・CFP

一部の個人事業主を除き、事業主は正社員および正社員の4分の3以上の勤務時間・勤務日数で働く非正規社員を社会保険(厚生年金+健康保険)に加入させなければならないが、「社会保険に加入すると、君たちの手取りも減るから、社会保険に加入するのはやめておこう」などと適 ...

カテゴリー : 経済 労働・ブラック企業問題


塚崎公義 大学教授

違法な残業を取り締まろうという動きが活発化しそうです。今まで野放しになっていたものが規制されることになるわけです。誰でも、規制が強化されるのはイヤです。産業界も、残業規制が強化されるのは嬉しくないと思っているでしょう。 ...

カテゴリー : 経営 労働・ブラック企業問題


川崎隆夫 経営コンサルタント、(株)デュアルイノベーション代表取締役

電通は昨年末に女性新入社員が過労により自殺した事件を受けて、労使協定で最長70時間に定めていた月間の時間外労働時間の上限を5時間引き下げて、65時間にすると明らかにしました。また20日には、2013年にも30歳の男性社員が、同じく過労死として労災認定をされていたこと ...

カテゴリー : 経済 労働・ブラック企業問題


塚崎公義 大学教授

電通の新入社員の自殺が過労死認定された事件を契機として、違法残業に対する風当たりが強まっています。日本では、「会社のために違法行為をする」ことに対する同情も強く、粉飾決算が無くならない原因となっているので、今回の事件がどの程度のインパクトをもたらすか、 ...

カテゴリー : 労働・ブラック企業問題 働き方


榊 裕葵 社会保険労務士・CFP

高橋まつりさんの過重労働による自殺が電通の長時間労働の問題点を際立たせたが、私は、労働時間に対する考え方について、今こそ、労働基準法の原点に立ち返るべきだと強調したい。 ...

カテゴリー : 経済 労働・ブラック企業問題


塚崎公義 大学教授

電通の新入社員が自殺をした事件で、月100時間を超える残業をしていたということから、労働基準監督署がこれを過労が原因の労災と認定した上で、東京労働局などが労働基準法違反の疑いで電通本社に立ち入り調査に入りました。 ...

カテゴリー : 労働・ブラック企業問題 働き方


榊 裕葵 社会保険労務士・CFP

電通で月100時間を超える残業をしていたという新入社員の女性が昨年自殺をし、労働基準監督者がこれを労災と認定したというニュースが流れた。残業時間の長さだけでなく、上司の圧力により精神的なプレッシャーも相当にかかっていたようだ。 ...

このページのトップヘ