Widgets Magazine


シェアーズカフェオンラインとは? 広告掲載 配信先募集/業務提携 利用規約 運営者情報 書き手募集 お問い合わせ 

トップページ

マネー全般

政治/経済

投資/ビジネス

ライフプラン

法律

書き手紹介

お知らせ


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

カテゴリー : ライフスタイル 転職


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

先日「ビジネスマンから大学教員に転身する方法とは」を寄稿したところ、多くの反響を頂いた。当該記事は筆者の経験に基づく総論的な内容であったが、本稿では、ビジネスマンが大学教員へ転身するにあたり押さえたい具体のポイント3点について紹介したい。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 転職


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

私事であるが、4月から短期大学の専任教員として教鞭を握っている。前職では人事・採用の担当者として多くの若者と接していたのだが、さらに若い人たちと日々交流することとなり、大変刺激的な生活である。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 子育て・教育


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

絵本作家のぶみさんが作詞した「あたしおかあさんだから」の歌詞について、子育て世代の母親を中心に避難が殺到し炎上した、という話を耳にした。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

あと1月ほどで、本格的な就活シーズンとなる。経団連の指針によれば、大学3年生の3月1日から会社説明会、4年生の6月1日から面接などの選考活動を解禁とする日程だ。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

何気なしにニュースを見ていたら、小型無人機ドローンが社内を飛行し、残業している社員のチェックや帰宅を促す、というニュースが目に入った。何かのジョークかと思ったのだが、どうやら真剣そのもののようだ。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

悲喜こもごもの結果となった先の衆議院選挙。厳しい選挙戦を勝ち抜いた国会議員が初登院した、というニュースが目に入った。朝5時から国会前に姿を現した新人議員もいるという。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

フリマアプリ「メルカリ」を運営する(株)メルカリの社長が自ら育休を取得するという。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

近年ワイドショーの格好のネタとなっている不倫スキャンダル。最新のネタともいうべき山尾議員の件では、それが最優先すべきニュースなのかと首をかしげるほど、報道が過熱しているようだ。 ■本稿執筆にあたって 個人的には北朝鮮のミサイル対策など、もっと重要な事件に ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

採用後まもなくの研修中に新入社員が自殺したというニュースを目にした。希望にあふれ入社したであろう若者の心情を想像すると、なんともやりきれない思いだ。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

2017年度の新入社員に対して行った調査によれば、企業に望むことは、「残業がない・休日が増える」が「給料が増える」を上回ったという。当該調査では、新入社員たちを「自分ファースト型」であると断じている。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 転職


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

いわゆる就活も大詰めを迎えている。概ね6月頃には新卒採用選考も本格化し、徐々に内々定が出始める時期である。就活生の皆さんも、既に個別の企業説明会に参加したりエントリーシートを作成したりと、多忙な日々をお過ごしのことだろう。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 転職


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

出会いと別れの春である。4月から社会人になった人や転職した人など、自身を取り巻く環境が大きく変わった人も多いのではないだろうか。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 転職


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

去る3月1日、経団連に加盟する企業の採用活動が解禁された。合同企業説明会(いわゆる就活フェア)も全国各地で開催され、就活生・人事担当者共に日々慌ただしく過ごしていることだろう。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

2月に入り、来年度の認可保育園入園の可否の通知が届き始めているようだ。「日本死ね」騒動で話題となったように、保育園入園の可否は、自身または配偶者が育休を取得している場合の職場復帰の大きな課題であり、一家の一大事なのだ。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 働き方


後藤かずや 大学教員、キャリアコンサルタント

働き方改革の旗手ともなるべき厚生労働省で、若手職員が子連れでパパ友会を実施したという。皆年休を取得したうえでの開催という、前例のない取り組みだ。 ...

このページのトップヘ