Widgets Magazine


シェアーズカフェオンラインとは? 広告掲載 配信先募集/業務提携 利用規約 運営者情報 書き手募集 お問い合わせ 

トップページ

マネー全般

政治/経済

投資/ビジネス

ライフプラン

法律

書き手紹介

お知らせ


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

新しいビジネスモデルを考えたいー。そういった相談を時折受ける。本業が安定している先、早急に新しい収益基盤を創る必要がある先などさまざまだが、おおよそ、すでに何らかのアイデアのブループリントがある。サービス業に限定されるが、その精度をブラッシュアップするた ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

先日発売されたばかりのNintendo Switchが当初計画の200万台(3月末)を達成し、同社史上最大の販売数を誇ったWiiの記録を塗り替えそうな勢いだ。一時期の不調を雲散霧消させるように彗星のごとく現れた異端のハードウェア。こうした商品はいったいどうすれば生み出すこ ...

カテゴリー : 企業分析・会計 経営


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

東芝のニュースを耳にしない日はない。しかし、東芝に限らず、過去にはいくつもの有名企業によるこうした事例もあり、残念ながら今に始まったことではない。なぜ、企業は不正会計に手を染めてしまうのだろうか。 ...

カテゴリー : 書評 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

東芝の経営が芳しくありません。分社化や事業売却などによって経営戦略を見直し、事業再建を図っていますが、現時点で確かなゴールイメージは伝わってきていません。日本を代表する老舗大企業がなぜ、このような事態に陥ったのか。これは決しては他人事ではなく、民間企業で ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

先日、IR推進法が可決され、公布された。カジノ誕生でもっとも影響を受けるとされているのが、比較的その性質が似ている遊技機(パチンコ・パチスロ)業界である。ターゲットがそれぞれ異なるため、住み分けが実現し、影響は少ないとの見方もあるが、改めて両者を比較してみ ...

カテゴリー : 企業分析・会計 経営


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

英バーバリーとの契約を解消したことが原因とされ、極めて厳しい財務状態に陥っている三陽商会。売上の多くを占めていたバーバリーが無くなったことが他大な影響を及ぼしたのは確かでしょう。しかし、衰退の原因が単なる一ブランドの消滅では片付かない深い問題を抱えている ...

カテゴリー : 書評 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

かつてテレビ業界の王者として君臨したフジテレビ。しかし、今、かつての勢いはなくなり、ドラマの代名詞であった「月9」の視聴率も振るわず、直近の2016年3月期の決算におけるメインの放送事業では、売上高3,189億円(前年比▲6.7%)、営業利益807億円( ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

最終回まで残すところあと1週間となったNHK朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」。これは戦後間もない1946年(昭和21年)から、現在まで刊行が続く生活総合誌「暮らしの手帖」の創業者大橋鎮子(おおはししずこ)さんをモチーフにしたドラマです。近年、出版不況が叫ばれ ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

先日17日間の激闘を終え、リオ五輪が閉会。過去最大のメダルを獲ったこともあり、日本中が大きく湧きました。また、初の自動車メーカーとしてトヨタ自動車が東京五輪でのスポンサー契約の最高位であるワールドワイド契約を約3,000億円で結んだとのニュースが流れるな ...

カテゴリー : 経営 投資・ビジネス


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

先日、通販カタログ大手「ニッセン」の業績が思わしくないとのニュースが出ました。3期連続赤字でスタートした2016年度も直近5月売上で16ヶ月連続マイナス。商品の見直しやリストラ策を進めていますが、大きな成果には繋がっていないようです。スマホの普及が原因だ ...

カテゴリー : 働き方 経営


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

最近、再就職が難しい45歳以上の年代を中心に副業の解禁やリストラ、将来の年金に対する不安から、起業を試みる方が増えました。ここでは、ビジネスの方向性の見直しやビジネスモデルのリノベーションをお手伝いしている立場として、これから起業する方に向け、スタートを ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

今月初旬、居酒屋大手ワタミの決算発表がありました。2014年に起きた様々な問題から歩を進め、少しずつ客足が戻ってきています。しかし、決算発表と同時に出された説明会資料を読み込むと、どうやら本格的な復活を遂げるための重要な視点が欠落しているようです。 ...

カテゴリー : 書評 経営


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

先日4月22日、大塚家具の創業者である大塚勝久前会長が高価格路線で新たに出店した「匠大塚」がオープンしました。同時に大塚久美子氏が率いる現大塚家具が「大感謝祭」を期間限定で開始。昨年から続く親子戦争の第2幕が開きました。こうした騒動を横目に、3兆円とも言 ...

カテゴリー : 企業分析・会計 


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

先日、相次いで百貨店閉鎖のニュースが飛び交った。20代や30代の人が聞けば変に思うかもしれないが、筆者のような40代以上の人間にとって一昔前まで百貨店は特別な存在だった。百貨店に行くこと自体がステータスだった。百貨店の紙袋を持っている。それだけである種の ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

先日、都内近郊に10店舗展開する芳林堂が自己破産した。2月5日に自主廃業した出版取次老舗の大洋社自主廃業による影響が大きいとのことだ。昨年起きた出版取次4位の栗田出版倒産など、数年前から出版関連企業が次々と閉鎖や廃業に追い込まれている。出版・書店業界はこ ...

カテゴリー : 経営 働き方


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

昨年からIT技術を利用した金融サービス「フィンテック」が銀行を追い詰めるのではないかと騒がれている。しかし、改めて銀行のビジネスモデルを掘り下げて見ると、フィンテックが優れているというより銀行のビジネスモデル自体が時代にそぐわなくなりつつあるのが実態のよう ...

カテゴリー : 経営 


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

従業員の過労自殺の件をめぐって、急遽和解に転じたワタミのニュースは今も色濃く記憶に残る。創業者渡邉氏の対応の変化は、ワタミの業績悪化が背景にあると言われているが、取り巻く環境を掘り下げると実は想像以上に厳しいことが浮き彫りになる。 ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

この1週間だけで4度も目にしたものがある。ストリーミング配信サービスの「Netflix」だ。パソコン、購入したばかりの無線LAN搭載テレビ、プレステ、そしてソフトバンクの契約者メニューであの赤い文字が目に飛び込んできた。 ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


酒井威津善 フィナンシャル・ノート代表 ビジネスモデルアナリスト

とにかくモノが溢れている。結果、「どれを選べばいいのかわからない」→「(だから)買わない」→「(売れないから)新商品を出す」→「さらにモノであふれる」という悪循環に陥っている。 例えば、本。出版年鑑2015によると、新刊書籍は年間で約8万冊も出ている。1日に換 ...

このページのトップヘ