Widgets Magazine


シェアーズカフェオンラインとは? 広告掲載 配信先募集/業務提携 利用規約 運営者情報 書き手募集 お問い合わせ 

トップページ

マネー全般

政治/経済

投資/ビジネス

ライフプラン

法律

書き手紹介

お知らせ


h_chugun

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


h_chugun

衰退の一途をたどるニッポンの伝統工芸。「その技術を次世代につなげたい」と奮闘する若き女性社長がいる。手がけるのは全国の伝統職人が作る0歳から6歳向けのブランド開発だ。この「赤ちゃん・子供×伝統工芸」の取り組みは、伝統工芸の危機を救うのか?ターゲットを変え新たな価値を生み出す、その挑戦を追う。(「ガイアの夜明け番組ホームページより」) ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


h_chugun

最先端のファイナンス理論は確かに高等数学を駆使している。しかしその基本となるものは、四則計算で十分に理解できる内容だ。なにかを選択する局面で、大いに助けになってくれる考え方である。一度基本だけでも、学んでみてはいかがだろうか。 ...

カテゴリー : 経営 働き方


h_chugun

「全面的に信用しているわけではないですよ。会社の理想に共感してもらう努力をしているだけです。」 サイボウズは、オフィス以外の場所、自宅などで勤務することを認めている。一応、上司に申告はするそうだが許可制ではない。たとえば「来週は帰省するので京都の実家で仕事をします」というようなことも、自分の意向で可能になる。 「こうした働き方を認めるのは、社員を全面的に信用しているからですよね」との質問が出た。この問いへの青野社長の答えが、冒頭の言葉である。 ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


h_chugun

ミスターミニットをご存じだろうか。 百貨店や駅構内に小さな店舗を構え、合カギの作成や靴の修理などを行っている会社である。日本全国に約300店舗あるので、知っている人も多いのではないだろうか。 過日、そのミスターミニットの代表取締役社長である迫俊亮さんの講演を聞く機会があった。『現場論』などの著者であり、株式会社ローランド・ベルガー 日本法人会長.の遠藤功さんとの対談だった。 迫さんは3年前、29歳の若さで社長に就任した。その時点でのミスターミニッツは、10年間に渡って業績は右肩下がり。本社からのむちゃな指示に現場は疲弊し、新サービスは40年間成功ゼロ。そんな状況だったミスターミニットが3年間で大きく変わった秘訣は何だったのか。 「会社のすべてを現場中心につくりなおすこと、現場が力を発揮できるようにすること」 迫さんが3年間やり続けたことはこれだった。では、どうすればそれが可能になるのだろうか。遠藤さんとの対談を聞くなかで、いくつかヒントになることに気づけたように思う。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 企業分析・会計


h_chugun

しかし、個人で同じような手順を踏んで目標設定をする人は少ないのではないだろうか。自分が所属する企業では当たり前に行われており、その大切さは理解しているはずにもかかわらず、である。 特に現状を分析し、状況を把握してから目標設定をする人はほとんどいない。「こんなことができたらいいなあ」というのは目標ではなく願望である。願望も大切でこれがなければ目標を持つけることはできないだろう。しかし、現状認識にもとづく計画がなければいつまでたっても願望のままで、目標と呼べるものにはならない。願望を目標にし、それを達成していこうとすれば計画に落とし込むのは必須である。 ...

カテゴリー : 働き方 書評


h_chugun

だが、嘆いていてもなにも変わらない。自分の環境に照らし合わせ、自分ができることから始めてみるしかない。「1億総活躍」なるお題目が1億総疲弊になってしまわないために、まず一歩踏み出すことから始めてみようではないか。 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


h_chugun

「欠点は魅力のひとつになるのに、みんな隠すことばかり考える。欠点はうまく使いこなせばいい。これさえうまくいけば、なんだって可能になる。」 かつてココ・シャネルはそう語った。多くの場合、人は欠点をさらけ出すことを躊躇する。そして周囲に知られる前に、克服しようとしがちだ。 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


h_chugun

ベンチャーといえば、IT、金融とのイメージが強くある。ものづくりは元手が必要であるがゆえに、チャレンジしにくい分野なのかもしれない。だが、中澤さんの姿を見て、勇気づけられる人もいるはずだ。そうしてものづくりベンチャーに挑んでいく人が増えていくことを願っている。 ...

カテゴリー : ライフスタイル 書評


h_chugun

ビジネスパーソンにも同じ姿勢が求められるのではないだろうか。「自分のためにがんばるのはアマチュア、他人を喜ばせたり楽しませたりするために自分を活かすのがプロフェッショナル」である。 むろんこれは、滅私奉公を意味しない。自分を殺す必要などはないのである。自分の好きなこと、強み、得意なことを見極め、それを他人のために活かす視点を忘れないでいることだ。 ...

カテゴリー : マネー 書評


h_chugun

どんな選択をするか検討するうえで、自分と同じような立場の人がどんなスタイルで投資をしているのか知ることは、参考になります。とはいえ、周囲に既に投資を始めている人がいるとは限りません。また、やっていたとしても、お金の話はなかなか積極的に話をする機会もないと思います。 そんなときは、本書が役に立ちます。 ...

カテゴリー : 経営 書評


h_chugun

ものを作り出しているのは現場で働く人、それにお金を払ってくれるのはお客様。私は社長という役割として、みんなが稼ぎ出したお金を管理して分配しているだけだと思っています。リーダーを”やらせていただいている”という感じです。 ...

カテゴリー : 書評 経営


h_chugun

企業は「我が社にとって社員こそ最も価値ある資産です」と力説するが、株主や証券アナリストが支出削減を要求すると、「最も価値ある資産」は、あっという間にもっとも簡単に取り換え可能な資産に変身する。 ...

カテゴリー : 経営 書評


h_chugun

「トヨタの○○」は世の中にあふれています。それだけ学ぶべきことが多い証拠です。しかし、本質を学ぶことなく取り入れることは、無駄どころか社会の害悪になりかねません。「ジャストインタイム」が典型ですが、形だけ真似ても、在庫を下請けに押し付ける、ただの下請けイジメにしかなりません。 本書で、トヨタの思考のシンプルな本質を学び、実践に活かすことで、本当の成果をあげることが可能になると思っています。 ...

カテゴリー : 書評 経済


h_chugun

地元で愛され全国区へ 東京で勝てるブランドのつくりかた/山本聖 元小田急百貨店のバイヤーであり、現在、一般社団法人「地球MD」の代表理事として、中小企業基盤整備機構の活動を中心に、日本各地の地域ブランドづくりの最前線に立たれている山本聖さんの著作です。 「地 ...

カテゴリー : 経営 書評


h_chugun

自分の親がなんの前触れもなく「余命4日」と宣告されたとしたら。 それだけで十分、ショッキングな出来事です。さらにその親は、中小企業の経営者で、少なからず社員を抱え、一人ですべてを切り盛りしていて後継者については何も決まっていない。そんな状況におかれたらパ ...

カテゴリー : 経済 働き方


h_chugun

書店に行くと、「マルクス」「資本論」関係の書籍が数多く並んでいます。それも、経済学の専門書コーナーばかりではなく、一般書やビジネス書などのコーナーに積まれていることも珍しくありません。しかも、いわゆるマルクス主義経済学者ではない立場の人、たとえば池上彰さ ...

カテゴリー : 書評 経済


h_chugun

いつの間にか衆議院の解散が決まりました。今回の選挙の争点は「アベノミクスの信任」であると総理自ら言われました。それが争点のすべてではないでしょうが、ひとつの大きな柱ではあることは間違いありません。経済政策の結果は生活に直結するので、関心を持たれている人 ...

カテゴリー : 書評 経営


h_chugun

中小企業の製造業に関わるすべての人に読んでほしい本です。中小企業で働く人はもちろんのこと、コンサルタントとして関わる人、発注者として関わる人にも読んでほしい、と思います。 受注生産に徹すれば利益はついてくる! -取引先に信頼で応える“おもてなし"経営- [単行 ...

カテゴリー : 経済 投資


h_chugun

過日、ミュージックセキュリティーズ株式会社の猪尾取締役のお話しをうかがう機会がありました。ミュージックセキュリティーズは、日本の「事業投資型」クラウドファンディングの草分け的存在であり、『2014年版中小企業白書』(p429)にも取り上げられている会社です。これを ...

このページのトップヘ