Widgets Magazine


シェアーズカフェオンラインとは? 広告掲載 配信先募集/業務提携 利用規約 運営者情報 書き手募集 お問い合わせ 

トップページ

マネー全般

政治/経済

投資/ビジネス

ライフプラン

法律

書き手紹介

お知らせ


森山祐樹 中小企業診断士

カテゴリー : 経営 


森山祐樹 中小企業診断士

我々の生活は様々な商品・サービスによって支えられている。大きな変化なく成熟している市場がある一方で、成熟した市場をターゲットに新しい価値を創りだし、既存の商品・サービスに大きなインパクトを与える戦略が存在する。これまで当然と思われていた商品やサービスの価 ...

カテゴリー : 企業分析・会計 


森山祐樹 中小企業診断士

2018年5月に日本航空(以下、JAL)は、新たに国際線の中長距離LCCを設立すると発表した。これまでANAが展開するLCC事業に対して、ジェットスタージャパンに出資するに留まっていたJALが新たな一手を展開する。その新しいビジネスモデルに対する大きな期待を紹介する。 ■新 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

ANAホールディングス (以下、ANA)は、2018年3月に、「AVATAR(アバター)の基礎技術を集約・発展させ、AVATARで人々を繋ぎ、世界をより良くすべくイノベーションを加速させていくこと」を目的として、「ANA AVATAR VISION」を発表した。 AVATARは、その場に行くことが ...

カテゴリー : 経営 投資・ビジネス


森山祐樹 中小企業診断士

レジャー白書によると、日本のスキー・スノーボード人口は、1998年のおよそ1,800万人から、2016年には580万人まで激減している。その利用者数の減少と共に、栄華を誇った志賀高原が、凋落の道を辿っている。バブル期の誰もが憧れたスキー場の名門は復活できるのか。凋落の原 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

2018年2月25日に閉会した平昌オリンピックでは、日本選手が素晴らしい活躍を果たし、獲得メダル数は過去最高の13個となった。この日本選手活躍の裏には、経済的な苦労を乗り越えてオリンピックの舞台に立った選手もいる一方で、世界には多くの収入を得て競技に集中できる選 ...

カテゴリー :  


森山祐樹 中小企業診断士

2017年12月16日に、韓国のホテル大手であるホテルロッテの完全子会社が運営する、「ロッテアライリゾート」が新潟県妙高市にオープンした。バブル時代末期の1993年にオープンし、2006年に経営破綻した旧ARAI MOUNTAIN&SPAを全面改装し、目指すは、「最高のプレミアムマウン ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

2017年12月、日本航空(以下、「JAL」)は、超音速旅客機を開発するアメリカのブームテクノロジー社とのパートナーシップ関係の締結を発表した。投資金額は10百万ドル(約11億円)で、巡航速度マッハ2.2(時速2,335km)、航続距離8,334kmの超音速機20機の優先発注権を得た。 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 企業分析・会計


森山祐樹 中小企業診断士

 スキー・スノーボードの2017/2018シーズンが早くも開幕した。近年の雪不足からこれほどまでに早くスキー場をオープンできるとは思ってもみなかったのか、長野県のあるスキー場では、雪はあるが平日の従業員確保が間に合わず、いくつかのコースをクローズするという事態も ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 2017年9月、ANAが新たに導入したエアバスA321neoが日本に到着した。この機材は国内仕様としてANAでは初めて全席に個人モニターを搭載し、約60タイトルのビジオコンテンツやニュースやスポーツ番組を提供している。 新機材到着のニュースは、国内大手航空会社では初めての ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 2017年度に三井物産が社内で新しいコーポレートベンチャー制度を発表した。近年、大企業において新規事業を推進しようとする動きはすでに珍しいことではないが、成功事例を探そうとすると、それほど多くの事例があるわけではない。新規事業を推進する部署を設置したのみで ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 近年、企業内に新規事業創造の波が押し寄せている。特に過去最高の純利益を更新した上場会社を中心とする大企業が、その資金の行く先としてイノベーションを伴う新規事業に着手するケースが目立つ。しかし、その道には多くの困難が伴うことが多く、本業の調子とは裏腹に ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 企業分析・会計


森山祐樹 中小企業診断士

 フルサービスキャリア(航空会社)に搭載されているビジネスクラスシートは、いまやフルフラットが前提となり、ドア付きの個室タイプまで登場する時代となった。特に中東系のエアラインはオイルマネーで潤い、多くの人口を抱えるアジアとヨーロッパを結ぶ地理的要因も相ま ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 大企業の「中期経営戦略」が発表されると、戦略として売上高○○億円、営業利益率○%、を達成することのみが声高々に謳われるケースがある。しかしながら、これらはある人為的に区切られた会計年度における単なる目標値にすぎず戦略ではない。このように売上高等のみを戦 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 先月、JALの2017-2020年度の中期経営計画が発表された。これまでJALの翼を縛り続けてきた8.10ペーパーから解放されて初めての中期経営計画となったが、この計画の中で、成長に対するドライバーとして、フルサービスキャリア事業以外のビジネスと創造・育成を行うことで事 ...

カテゴリー : 経営 投資・ビジネス


森山祐樹 中小企業診断士

 国内航空大手2社の2017年度の経営体制が明らかになった。JALの植木社長は続投となり、6年目に突入することになった。ANAホールディングスの伊東会長は、ANA社長時代から代表権を持つ会長職まで含め合計8年となった。一般的な上場企業の任期としては長期となった両者の ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 国土交通省は2015年には国内の航空市場でLCC*のシェア(旅客数)が10%を超え、国内市場に競争を創出したとその政策成果を高々にうたうが、ピーチがANAに子会社化されたことでその風向きが大きく変わった。H24(2012)年にLCC元年といわれ、新規参入が相次いだ国内航空市場も ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 ANAホールディングス(以下ANA)は2月24日、LCCのピーチ・アビエーション(以下ピーチ)を連結子会社化すると発表した。ピーチは2011年に設立されてから5年ほど経過し、2016年3月には3期連続黒字との営業利益率は12.9%の高収益を達成している。国内のLCCとして順調に ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 アメリカン航空は、新機種の737MAX機材で個人モニターは時代遅れであるとして導入しないことを発表した。また、ユナイテッド航空も一部の小型機で個人モニターの導入を行わないとしている。顧客ニーズの多様化の中で、短距離路線の機内サービスはどうあるべきなのか、アメ ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 長野県が展開する信州ワインバレー構想、その一端に小布施町の小さなワイナリーがある。小布施ワイナリーは、小さな家族経営のワイナリーであるが、非常に高い品質と人気を兼ね備えたワイナリーとして国内大手航空会社にも採用された実績を持つ。しかし、その実績とは裏腹 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 大企業には、大企業たる所以の優秀な仕組みと優秀な人材が存在している。そんな大企業が近年、社長直轄や、独立事業部として新規事業を創造するための部署を設置する動きを加速させている。大きな資本と多数の社員を抱える大企業の新規事業はさぞかし素晴らしいものが創造 ...

このページのトップヘ