Widgets Magazine


シェアーズカフェオンラインとは? 広告掲載 配信先募集/業務提携 利用規約 運営者情報 書き手募集 お問い合わせ 

トップページ

マネー全般

政治/経済

投資/ビジネス

ライフプラン

法律

書き手紹介

お知らせ


森山祐樹 中小企業診断士

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 2017年度に三井物産が社内で新しいコーポレートベンチャー制度を発表した。近年、大企業において新規事業を推進しようとする動きはすでに珍しいことではないが、成功事例を探そうとすると、それほど多くの事例があるわけではない。新規事業を推進する部署を設置したのみで ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 近年、企業内に新規事業創造の波が押し寄せている。特に過去最高の純利益を更新した上場会社を中心とする大企業が、その資金の行く先としてイノベーションを伴う新規事業に着手するケースが目立つ。しかし、その道には多くの困難が伴うことが多く、本業の調子とは裏腹に ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 企業分析・会計


森山祐樹 中小企業診断士

 フルサービスキャリア(航空会社)に搭載されているビジネスクラスシートは、いまやフルフラットが前提となり、ドア付きの個室タイプまで登場する時代となった。特に中東系のエアラインはオイルマネーで潤い、多くの人口を抱えるアジアとヨーロッパを結ぶ地理的要因も相ま ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 大企業の「中期経営戦略」が発表されると、戦略として売上高○○億円、営業利益率○%、を達成することのみが声高々に謳われるケースがある。しかしながら、これらはある人為的に区切られた会計年度における単なる目標値にすぎず戦略ではない。このように売上高等のみを戦 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 先月、JALの2017-2020年度の中期経営計画が発表された。これまでJALの翼を縛り続けてきた8.10ペーパーから解放されて初めての中期経営計画となったが、この計画の中で、成長に対するドライバーとして、フルサービスキャリア事業以外のビジネスと創造・育成を行うことで事 ...

カテゴリー : 経営 投資・ビジネス


森山祐樹 中小企業診断士

 国内航空大手2社の2017年度の経営体制が明らかになった。JALの植木社長は続投となり、6年目に突入することになった。ANAホールディングスの伊東会長は、ANA社長時代から代表権を持つ会長職まで含め合計8年となった。一般的な上場企業の任期としては長期となった両者の ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 国土交通省は2015年には国内の航空市場でLCC*のシェア(旅客数)が10%を超え、国内市場に競争を創出したとその政策成果を高々にうたうが、ピーチがANAに子会社化されたことでその風向きが大きく変わった。H24(2012)年にLCC元年といわれ、新規参入が相次いだ国内航空市場も ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 ANAホールディングス(以下ANA)は2月24日、LCCのピーチ・アビエーション(以下ピーチ)を連結子会社化すると発表した。ピーチは2011年に設立されてから5年ほど経過し、2016年3月には3期連続黒字との営業利益率は12.9%の高収益を達成している。国内のLCCとして順調に ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 アメリカン航空は、新機種の737MAX機材で個人モニターは時代遅れであるとして導入しないことを発表した。また、ユナイテッド航空も一部の小型機で個人モニターの導入を行わないとしている。顧客ニーズの多様化の中で、短距離路線の機内サービスはどうあるべきなのか、アメ ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 長野県が展開する信州ワインバレー構想、その一端に小布施町の小さなワイナリーがある。小布施ワイナリーは、小さな家族経営のワイナリーであるが、非常に高い品質と人気を兼ね備えたワイナリーとして国内大手航空会社にも採用された実績を持つ。しかし、その実績とは裏腹 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 大企業には、大企業たる所以の優秀な仕組みと優秀な人材が存在している。そんな大企業が近年、社長直轄や、独立事業部として新規事業を創造するための部署を設置する動きを加速させている。大きな資本と多数の社員を抱える大企業の新規事業はさぞかし素晴らしいものが創造 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 経営


森山祐樹 中小企業診断士

 国土交通省が設置した持続可能な地域航空のあり方に関する研究会において、地域航空会社について議論が進められている。ここでは、航空は経済産業活動や国民生活を支える基盤であり、地方航空路線が地方創生、観光立国の役割を担い、維持・活性化が期待される存在であると ...

カテゴリー : 経営 働き方


森山祐樹 中小企業診断士

 昨今、女性活躍の推進を主な旗印に、企業の多様性を求める動きが活発化している。 東証のなでしこ銘柄、経産省のダイバーシティ経営企業100選、経団連の女性の役員・管理職登用等に関する自主行動計画など枚挙にいとまがない。また、ある経済誌でもダイバーシティ企業のラ ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


森山祐樹 中小企業診断士

7月20日に東京大手町に温泉を備えた地上18階、客室数84室の「星のや東京」がオープンした。星野リゾートにとっては、都市部で運営する初めての施設であり、日本旅館を世界に広める試金石という位置づけである。 国内では北は北海道から、南は沖縄まで、様々なリゾートを ...

カテゴリー : 経営 投資・ビジネス


森山祐樹 中小企業診断士

国内のLCCが機内食(有料)に力を入れ始めている。ピーチは、近大、千房、たこ昌とコラボし、うなぎ味のナマズごはん、大阪オムそばやたこ焼を提供、ジェットスタージャパンはなごみの米屋とコラボしたどら焼きや、ジュノエスクベーグルとコラボしたベーグルサンドを予定する ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


森山祐樹 中小企業診断士

トレードオフとは、「どちらか一方を得ようとすれば必ずもう一方を失う二律背反の状況」の意味であり、ビジネスにおいては、何かを達成するために別の何かを犠牲にしなければならない関係を意味し、いわゆる「あちら立てれば、こちらが立たぬ」に相当する。 ...

カテゴリー : 投資・ビジネス 企業分析・会計


森山祐樹 中小企業診断士

昨今の日本経済、政府・地方自治体、企業においてイノベーションが叫ばれて久しい。日本全体としてそれを後押ししていくことで、経済や社会の発展を成し遂げていこうという気運が高まっている。しかしながら、世に出るイノベーションには、歓迎されるものがある一方で、既 ...

カテゴリー : 経営 企業分析・会計


森山祐樹 中小企業診断士

 昨年のフランクフルトモーターショーでお披露目されたニューポルシェ911カレラシリーズが今月(2月)日本に上陸した。モーターショーでは、様々なメーカーから新商品が打ち出された通り、現在の自動車業界は、日本メーカー含め激しい競争にさらされている。自動車業界以 ...

カテゴリー :  


森山祐樹 中小企業診断士

日本企業同士の合併(M&A)には多くのケースで「対等の精神」による合併・統合が謳われる。これは2社の上下を決めずお互いがお互いを尊重しあって協力していこうという意思を示したものであると考えられ、日本の美学に則ったものと想像するが、そこには様々な弊害が隠さ ...

カテゴリー : 経営 投資


森山祐樹 中小企業診断士

フェラーリがニューヨーク市場へ上場を果たした日、当日の株価は公開価格の52ドルを超え、終値は55ドルであった。これにより上場時のフェラーリの時価総額は約1兆2500億円となった。そしてその後の株価推移を注視し、上場熱が冷めた現在(12/11日終値ベース)にあっても、時 ...

このページのトップヘ